読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木洩れ日の散歩道

園芸種の花、野の花など主に花の写真を撮っています。

ミカンを食べるメジロ

ピラカンサの実もいい色になっていますがまだ鳥が食べている姿は見ていません。 まだ美味しくないのかな? ミカンはよく食べに来ています。

野鳥「エナガ」

林縁で遭遇した野鳥「エナガ」 虫でも食べているのでしょうか。

「モッコク」の実を食べるメジロ

公園に植栽されている木斛の果実が今年は鈴なりです。 その実をメジロが食べに来ていました。 厚い果皮から覗く赤い種4を食べているようでした。 「モッコク」(木斛) ツバキ科 モッコク属の常緑樹

クマツヅラ科「ランタナ」

「ランタナ」 クマツヅラ科 ランタナ属の常緑低木 熱帯アメリカ原産 初夏から晩秋まで長期間咲いています。

キク科「マリーゴールド」

初夏から初冬まで長期間咲いてくれる「マリーゴールド」はメキシコ原産の一年草

「コトネアスター」果実

「コトネアスター」はバラ科 コトネアスター属の常緑低木 この画像のものは「コトネアスター・ラクテウス」

「サルココッカ」の果実

「サルココッカ」 ツゲ科 サルココッカ属の常緑低木 花も咲き実も付けるけれど、どちらかというと艶のある葉を鑑賞する植物 今は実を付けていましたがこの後だんだんと黒紫色に変わっていく・・・と思うのですが。

「チェッカーベリー」の果実

「チェッカーベリー」 ツツジ科 シラタマノキ属 北アメリカ原産の常緑小低木 別名・「ヒメコウジ」(姫柑子) 「オオミコウジ(大実柑子) ゴールテリア 草丈低くこんもりと茂るため寄せ植えやロックガーデンなどによく植えられています。 ここでは公園の花…

真っ赤なサルビア

公園に植えられていた真っ赤なサルビア「サルビア・スプレンデンス」シソ科 「緋衣草」(ヒゴロモソウ)という別名がぴったりですね。

「イチイ」の実

公園の生垣として列植されている「イチイ」の木に赤い実ができていました。 「イチイ」(一位) イチイ科 イチイ属の常緑針葉樹 別名・アララギ、オンコ 赤い果肉は甘くて食べられるけど種には毒性があるんだとか。 子供の頃食べた記憶があるんだけど種は吐…

キク科「アゲラタム」

花の少なくなってきた晩秋の花壇で「アゲラタム」がまあまだ元気に咲いていました。 「アゲラタム」 キク科 アゲラタム属 メキシコ、ペルー原産の一年草 別名・カッコウアザミ

クマツヅラ科「ランタナ」

「ランタナ」 クマツヅラ科 ランタナ属 熱帯アメリカ原産の常緑低木 咲き進むにつれて花の色が変わっていくことから別名・七変化 公園の花壇でまだまだ元気に咲いていました。 初夏から晩秋まで花期が長いですね。

野草「細葉リンドウ」

やや湿った場所に生えるリンドウの仲間 花も葉も小振り、茎も細くここでは地を這うように育っていました。 当地でも野生のものが見られるようですがこの写真のものは植物園で咲いていたものを写しています。 秋遅くまで咲いてます。

ヒユ科「ノゲイトウ」

公園の花壇でまだまだ元気に咲いていた「野鶏頭」の園芸種 別名・セロシア

秋にも咲いた「下野」

「シモツケ」(下野) バラ科 シモツケ属の落葉低木 花期は普通5~6月ですが、秋に咲くことも珍しくはありません。 (花後に刈り込まれてその後に出た新芽に花が咲いたのかも) 花の数は初夏ほどは多くなく、ぽつりぽつり数か所に咲いてる程度でした。

季節の花・ガーデンシクラメン

そろそろシクラメンの季節がやってきますね。 公園内の園芸ショップでガーデンシクラメンのポット苗が沢山並べられていてとても見事だったので思わずシャッターを押してしまいました。

季節の花・ツワブキ

ツワブキがあちこちで鮮やかな黄色い花を咲かせています。 秋の深まりを感じますね。 「ツワブキ」(石蕗、艶蕗) キク科 ツワブキ属の常緑多年草 原産地は日本、中国

薄桃色の薔薇

ほんのり淡いピンクのバラが咲いていました。

野鳥「ハクセキレイ」

公園の水場で餌を探して歩き回っていたいた「ハクセキレイ」

シソ科「オルトシフォン」

「オルトシフォン・ラビアツス」 シソ科 オルトシフォン属 南アフリカ原産の多年草(非耐寒性) 別名・ピンクセージ (そろそろ花は終わり頃でした) 以下は同じオルトシフォン属の「ネコノヒゲ」(猫の髭) ピンク白と。

「オオオニバス」(大鬼蓮)

今日の撮影ではないのですが、数日前植物園で写していた「オオオニバス」の花を。 花は一個しか咲いてなかったのでアングルを変えて数枚。 説明板も一緒にUPしました。

「ローゼル」白実種

「ローゼル」 アオイ科 フヨウ属の一年草(または多年草) 花後、赤く肥厚した萼と苞をハイビスカスティーやジャムその他食用として利用されています。 また花も奇麗だし、赤く熟した実(萼と苞)も奇麗なので観賞用として花壇に植栽されることも多いです。 …

シソ科「レオノティス・レオヌルス」

「レオノティス・レオヌルス」 シソ科 レオノティス属の常緑低木 別名・カエンキセワタ(火炎被綿) ライオンズイヤー 南アフリカ原産 以前は植物園でしか見られなかったですが、最近は一般の家庭や公園の花壇などでもちょくちょく見かけるようになりました。

「サンザシ」の果実

公園に植えられている木に真っ赤な実がたくさんぶら下がってました。 あまり見かけない実だけど何の実だろう? 小さなリンゴみたい。 ところどころ鳥が突っついたような跡があるのが微笑ましい。 もしかして「サンザシ」の実? 「サンザシ」(山査子) バラ…

「ジニア」色々」

「ジニア」 キク科 ジニア属 メキシコ原産の一年草 公園の花壇で咲いていたジニアの仲間を集めてみました。

季節の花・アメジストセージ

「アメジストセージ」があちこちで咲いています。 大型のサルビアなのでとても目立ちます。 別名「メキシカンブッシュセージ」(またはメキシカンセージ) または「サルビア・レウカンサ」 ベルベットのような赤紫色のガクから白い花を覗かせているものと紫…

秋のバラ

秋薔薇がまだまだ奇麗に咲いていました。(バラ園)

ダリアの花と蝶

公園に咲くダリアの花に「キタテハ」さんが訪れていて、翅をパタリパタリ閉じたり開いたりしながら吸蜜していました。

野の花「溝蕎麦」

「ミゾソバ」(溝蕎麦) タデ科 イヌタデ属 野原の湿った場所に生える一年草

「ナツハゼ」の果実と紅葉

「ナツハゼ」 ツツジ科 スノキ属の落葉低木 夏にハゼノキのように紅葉することから「夏櫨」 山野にごく普通に自生していますが、紅葉が美しいこと、 また果実も生食、果実酒などに利用できることから最近では庭木として人気があるようです。 この写真のもの…

色づくコムラサキ果実

公園の「コムラサキ」(小紫)の果実がいい色になってきて季節の移ろいを感じます。

秋晴れのダリア園

秋晴れのダリア園・・・満開のダリアに心癒されたひとときでした。

「花茄子」の果実

赤く色づいた実を鑑賞する「ハナナス」(花茄子)が花壇の中心部に植えられていました。 少し皺くちゃになってるものもあるけど、まだ黄色い実もあって遠くからでも目立っていました。 果実は、初めは白くてそれから黄色くなって最後に赤くなる・・・と思う…

季節の花「アメジストセージ」

満開の「アメジストセージ」 別名「メキシカンブッシュセージ」または「サルビア・レウカンサ」

キク科「ジニア・リネアリス」

公園の花壇で大株に育っていた「ジニア・リネアリス」

秋に咲いた「白花ハマナス」

「ハマナス」の花期は普通5月頃だと思うのですが、それ以外の季節にも ポツポツ咲いているのをよく見かけますね。 先日行ったバラ園内でも白花ハマナスが花を咲かせていました。

秋の花「フジバカマ」

秋の七草にも詠まれている「フジバカマ」(藤袴)ですが、 これは公園の花壇に植えられていた栽培種です。 「フジバカマ」 キク科 ヒヨドリバナ属の多年草 原産地は日本、中国、朝鮮半島

花巡り・薔薇

数日前バラ園へ行ってきたのでその時の薔薇を。

薔薇「マチルダ」

市民公園に咲いていた薔薇「マチルダ」という品種だそうです。

野草「ゲンノショウコ」

野原に自生している「ゲンノショウコ」ですが、花が可愛いので 花壇に植栽されることもありますね。 外出先の敷地内ではプランターに植え込まれていました。

アカバナ科「フクシア」

大鉢に植えられた「フクシア」が沢山の花をぶら下げていました。

花の中の花・ジニア

ジニアの花の中心部にある小さな花に注目して写してみました。

「ジニア・リネアリス」

細い葉が特徴の「ジニア・リネアリス」のイエロー。 公園の花壇を鮮やかに彩っていました。

小型の「カンパニュラ」

植物園で、小さいけれどブルーの花が印象的なカンパニュラが咲いていました。 難しい名前なので名札も一緒にUPします。

「コリウス」の花

主に鮮やかな色の葉を鑑賞する「コリウス」ですが、この時期沢山の花が 咲いていたので花に注目して写してみました。

野草「キバナアキギリ」

「キバナアキギリ」(黄花秋桐) シソ科 アキギリ属の多年草 本州~九州の低い山地の木陰などに自生しているそうですが この写真のものは植物園に植栽されていたものです。

シソ科「プレランサ」

兵庫県西宮市のオリジナル植物「プレランサ」 シソ科プレクトランサス属の改良品種で市民から公募で選ばれた名前だそうです。

花壇に咲く「ペンタス」

公園の花壇を華やかに彩っていた「ペンタス」 アカネ科 ペンタス属の一年草 別名・クササンタンカ(草山丹花)

季節の花「ホトトギス」

秋本番となって各所で「ホトトギス」の花を見かけるようになりました。 一枚目は白花ホトトギス。 それ以外は微妙に色合いが違いますが、品種名は分かりません。 もしかして最後のは「東雲」かも?

ゴマノハグサ科「アンゲロニア」

花壇に咲いていた「アンゲロニア」 ゴマノハグサ科 アンゲロニア属の多年草(寒さには弱いです)